発展して生まれた電子書籍

電子書籍を使ってる友達で、とても使い勝手が良いと言ってる人と悪いと言ってる人で2通りに意見が割れました。良いと言う方からは、本ががさばらなくてすむので、置き場所に困ることがなくなったと言うのと、小さい文字も大きく拡大して読める事や、分からない言葉も直ぐ様調べる事が出来ると言う点です。

良くないと答えた人は、今は何でもケータイなどに音楽やアニメなどスグに取り込む事が出来るため、人が手作業で作った暖かさを触って手で感じる事が出来なくなっているので、本の大切さを忘れてしまう気がするという事です。

更に、機会からの赤外線により視力や目への負担がか買ってしまうためにあまり良くないと思うと話していました。

私は、どちらの意見も当たってると感じ長年本を買い読んでいるので、ずっとこのまま本を買い続けて読んでいきたいと思います。

従来の紙の本と電子書籍の違い

紙媒体ではないのでかさばらず、持ち歩きが簡単でどこでも読めるところがオススメポイントです。

しかし、紙独特のめくる動作が好きな方には本を読んでいる感覚や所有している満足度などはかなり低く思います。

新刊を紙で購入するのと、電子書籍で購入するので価格はほぼ変わらず購入できますが、中古本などの様に価格が下落することはないようです。

データが飛んで消えてしまうこともほぼ、無いようなので購入しいつでも好きな場所で好きな時間読み返せるのは紙では感じれない良さではないでしょうか。

鞄の中にもし飲み物がこぼれた場合でも、紙がぐしゃぐしゃになり読めない。なんてことは避けれます。

電子書籍に接するきっかけと考えの変化

イベント等で並ぶ際の待機時間に何も暇潰しの道具を持っていないときに電子書籍を利用してみました。

読み始める前までは電子書籍にはかなり抵抗がありました。実際に本を読む時に得られる紙の感覚や眼が憑かれるような気がしてならなかったのです。

ところが、使ってみると意外にも抵抗なく利用でき、眼もそこまで疲れないことがわかりました。

また、本は持ってくるとかさばりますが、電子書籍だと端末のみで沢山の本を持ってくることが可能なので何時でも何処でも読みたい本が読めるという長所があることに気がつかされました。最近だと紙をめくるようなモーションをつけるなどして紙に近づけようとしていることに驚かされました。

現在はお気に入りの本や試しに読んでみたいシリーズ物の本は電子書籍に入れて読んでいます。勿論、普通に書籍を購入したりしています。紙の方がメモをとりやすかったりとオリジナル要素を加えやすいからです。

お互いに利点を持っているので、書籍も電子書籍もお互いに生き残っていくだろうなと思わされました。